埼玉のデリヘルで本業とかけもちで働く女性とデリヘルを本業にしている女性について

埼玉のデリヘルで働いているコンパニオンには、デリヘルを本業にしている女性と副業にしている女性がいます。
デリヘルのような風俗を本業にした場合のメリットは、普通にパートやOLをしているより収入が多くなる点にあります。
ただしデメリットもあり、人に聞かれた場合に「仕事はデリヘル嬢です」と言いにくい点がそれに当たります。
風俗業で働くごく普通の女性は増えましたが、デリヘルという仕事は社会的な認知はまだまだ低めですので、仮にデリヘルをやめて一般企業で働く面接にいった場合、「前職は何をされてましたか?」と聞かれると答えにくいわけです。
一方、かけもちでデリヘル嬢をしていればこういった懸念はなくなります。
転職の際に前職のことを聞かれても本業の仕事を応えればいいわけで答えには困りません。
ただしかけもちにするデメリットもあります。
それは収入がデリヘルを本業にしている場合より少なくなってしまう点です。
同じ時間働けば時間単価が断然高いのはデリヘルの方ですので、安定的に指名をもらえればデリヘル1本で稼ぐ方が収入は高くなります。
また、体力的にも本業とデリヘルをかけもちすることは働く時間が長くなってしまうということできつくなってしまうことは否めません。

埼玉の草加せんべい

埼玉といえば草加せんべいが有名です。
草加せんべいはその昔「塩せんべい」と呼ばれていました。
理由は「瓦せんべい」と区別するためです。
瓦せんべいは江戸時代後期まで主流でした。
小麦粉に砂糖を混ぜた煎餅で味は甘いのが特徴的だったのです。

 

塩せんべいはうるち米を粉にして蒸し、ついた後乾燥して焼き上げたものです。
代表的な塩せんべいは円形で醤油の味がついた堅焼きですが現在ではいろいろな味付けがされていますね。
煎餅は今から1200年ほど前に中国から弘法大師が持ち帰ったのが起源だとされています。
日本で出来たものだというイメージがあるかもしれませんが起源は中国なんですね。
その当時の形や味は今では知ることが出来ません。
しかし伝えられている製法技法により煎餅は特別な食べ物として広がったのです。
それ以降日本では全国各地では各地で様々な種類の煎餅が作られるようになりました。

 

今では家庭の庶民的なおやつとして煎餅はなくてはならないものですね。

埼玉の風俗店でランキングが変動する理由について

埼玉でも多くの風俗店で在籍女性の指名ランキングが掲載されています。
だいたいの店は毎月ランキングが更新されていきますので、この変動を見ておくことも遊ぶ際の参考になります。
風俗店を利用する場合、このランキングを見ながら指名をすることも魅力的な風俗嬢に出会う手段の1つなのですが、ランキングが毎月微妙に変動するのにはいくつかの理由があるのです。
その1つが風俗嬢の出勤状況です。
現在は他の仕事とかけもちで風俗の仕事についている女性も多くなりましたが、ランキング上位の女性がある月に本業の仕事が忙しくて出勤が減った場合、おのずと指名本数も減ってランクを下げてしまうことになります。
また、大型新人女性が入店した場合もランキングが変動しやすいです。
モデル並みの美貌を持った女性が面接に来たような場合、当然ながら店としてはこの女性を前面に押し出してPRしたくなります。
結果的にホームページでのPRの効果でこの女性が爆発的に人気になった場合、ある月から突然ランキングに顔を出してくるというわけです。
尚、このように変動要素の多いランキング争いで、安定的に上位にいる女性はなかなかのものです。
こういった風俗嬢は出勤日もそこそこ多く、リピーターをがっちり確保していますので、見逃しがたい魅力を持っていることは確かだといえます。